社内レポート

平成25年4月研修『婦人科系疾患について』

研修担当の高橋です。

 

今月はあすか製薬株式会社のMR担当者様より、婦人科系に多くみられる疾患である甲状腺疾患と妊娠の成立、不妊治療についてご講演いただきました。

婦人科系の疾患は治療や症状についての聞き取りが難しく、薬剤師は細かな心配りが求められます。また、専門の医療機関が少ないため、この分野を苦手としている薬剤師も多いと思います。併用薬でピルと言われるとそれ以上聞けない雰囲気になることも多いのではないでしょうか。

ですが疾患自体は身近なものであり、薬剤師以外の医療事務や本部スタッフも数多く参加していました。

特に妊娠の成立や不妊治療についての講演は非常に好評で、私自身もとても勉強になりました。

私たち医療従事者は患者様のために知識や技術の質を高めていますが、今回ご講演くださったMR担当者様も大変な熱意をもって準備してくださって、夜の遅い時間にもかかわらず素晴らしいお話をいただきました。

今回の内容を存分に業務に活かしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事