社内レポート

東邦大学冬季薬局合同説明会に参加しました。

研修担当の高橋です。

 

15日に東邦大学冬季薬局合同説明会に参加させていただきました。

土曜日でキャンパスはお休みかと思いますが、説明会に参加する学生の多さとその表情、熱気になんだか圧倒されてしまいました。

私が学生の頃は実習も4週間でしたし、母校の説明会にも全く参加していませんでしたし、10年先には就職できなくなる時代が…という言葉もありましたがまだまだ売り手市場という雰囲気があったように思います。

しかし当日お話させていただいた学生の方も、すれ違った学生の方の目を見ても、「自分の意志で未来を選ぶ」ためのモチベーションに溢れている印象を受けました。

 

就活はまだスタートしたばかりです。目標を設定する(志望する会社を決める)というのは重要なことですが、まずは様々な業種や分野を知ることから始めてもいいのではないかと思います。学生はあらゆる職に就く可能性に満ちているわけですから、早々に結論付けず、たくさんの会社の方の話を聞いてみてほしいと思います。

 

私の体験も含めて思うのですが、就活が進んでいくとどうしても消去法に似た考え方で志望先を選びがちです。

しかし働き始めた後に後悔しないようにするためには、自分が何をしたいか、十年後、二十年後、三十年後に何をしていたいか、どんな気持ちで毎日過ごしたいか、どこに働き甲斐を感じるのか、なぜ薬学部を選んだのかなど、

あらゆる過去や現在、未来を分析した結果、どんな会社で働きたいかをいう理想像を定めてから会社選びを始めてほしいと思います。

就職活動とは会社が学生を選ぶのではなく、学生が働きたい会社を選ぶための活動なんだと思うと、少しは気がラクになるのではないでしょうか。

そしてそれが最終的にどの業界で勤めることになっても、就活を通して自分自身と向き合った体験は、素晴らしいスタートを切るための大きな支えになるものと思います。

その会社選びに当社と関わることで少しでも考え方が変われば幸いですし、説明会も定期的に開催しておりますので、いつでもお話を聞かせてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事