社内レポート

平成24年10月7・8日『第45回日本薬剤師会学術大会』

研修担当の高橋です。

 

静岡県の浜松市で開催された日本薬剤師会学術大会に参加してきました。

私は入社して5年目ですが、初めての参加です。

学会では口頭での発表とポスターを掲示しての発表に分かれていますが、今回は私が勤務するメープル調剤薬局の患者対応の取り組みについて口頭で発表しました。

質疑応答を含めて8分と短い時間でしたが、店舗をはじめとした諸先輩方からアドバイスをいただきながら無事に伝えたかったことを伝えることができました。

 

学会と聞くと研究成果の発表という印象がありましたが、実際は普段の業務で疑問に思ったことや社内研修など多様なテーマがあり、日々行っていることに疑問を持ち、それを深く追究することが大切だと改めて実感できました。

 

昨年仙台で開催される予定だったのが震災の影響で中止となったこともありますが、災害対応や他職種連携などのテーマが注目されていた印象を受けました。

今回は自分から手を挙げて発表しましたが、やりたいことをさせてくれる環境に改めて感謝しました。

実際に参加して見て聞いて終わりではなく、これを店舗を通じて会社にフィードバックし、薬局に来てくださる患者さまに対してより質の高い仕事をしていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事