社内レポート

平成28年12月社内研修『普通救命講習』

12月社内研修開催 「普通救命講習」
12月3日(土)

東京消防庁より3名の方にお越しいただき「普通救命講習」を行いました。
【講習内容】
①心肺蘇生の説明と応急処置
②1グループ5名で心肺蘇生の実習
③マウスピースを用いて人工呼吸の実習
④AEDの使用方法と実習
⑤成人・乳児の気道異物除去方法
⑥止血方法
⑧救急車の適正利用

AEDの存在は知っているが「いざっ!」という時に、適切に使うことが出来るだろうか?
目の前でけが人や急病人が発生したとき、私達は何をすべきなのだろうか?

参加者の中には「知識不足による不安がある」「以前講習を受けたがもう一度確認したい」との要望のなか講習を行いました。座学では救急隊が到着するまでの救急救命処置の重要性を学び、実習においては感触を確かめたり対応や行動力の必要性を感じ得ることができました。

救急救命処置の現場に遭遇することはほとんどありませんが、大切な命を救うために進んで手を差し伸べることのできる自分でありたいと思います。

%e6%95%91%e5%91%bd%e6%8a%80%e8%83%bd%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e8%a8%bc%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6 %e6%95%91%e5%91%bd%e6%8a%80%e8%83%bd%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e8%a8%bc%e3%81%86%e3%82%89

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事